nana.812.png

2009年12月19日

「夢みる歌謡曲」第那奈章: 片瀬那奈がきこえる
#094:「PIANO GANG STA☆ Vol.6」

GET HAPPY


2004年7月31日@原宿GIGZOO

片瀬ゲスト部分のセット
 01. GET HAPPY(with 星村麻衣)


此の前日(2004年7月30日)に六本木 velfarreで開催された「ViVi night」でのライヴが、結果的に「片瀬那奈がメインでの最後の実演」となりました。当時はそんな事情は知らなかったものの、以前に比べてライヴ開催が不定期になっていたので、何かに呼ばれる様に僕らは原宿へと集ったのです。特に、前日も参加した同志から「メインはモデルのショーでほとんどの女性観客もモデルがお目当てで、まるで那奈ちゃんは前座みたいだった」との感想も聞いていましたので、危機感がありました。

果たして、片瀬那奈は星村麻衣のマンスリー・ライヴ「PIANO GANG STA☆ Vol.6」のアンコールに突如シークレット・ゲストとして登場しました。此れは本当に「完全なるシークレット企画」でした。僕ら那奈ちゃんファンが多数参加したのは「私は7月31日にあるシークレットな企画のため、家で猛特訓中です。」と云う片瀬那奈本人が公式サイトのDiaryに残した壱行だけを頼りで、ダメもとで「兎に角、原宿へ行こう」と集ったのです。終演後に、那奈ちゃんも流石に「何でみんな分ったの?」と驚いていました。

私服風のラフなスタイルで登場した片瀬クンは、星村クンと息の合ったトークを展開しつつ、星村クンの代表曲のひとつである「GET HAPPY」をデュエットしました。演奏は当然乍ら星村クンのバンドでしたので、公式には初めて片瀬那奈が生演奏で歌った事になります。完全な生歌でした。其れまでの実演では所謂ひとつの「被せ」でコーラスが流れていたので、片瀬がファンの前で完全な生歌だけで歌ったのも初めてです。ゆえに、たった壱曲のみのゲスト出演でしたが、満足度はかなり大きかったのです。

そして、此の日を最後に「歌手・片瀬那奈」は沈黙しました。翌8月には月9での女優復帰が発表され、新たなCM出演も噂されます。CDの発売告知もライヴ予定も全く無くなりました。「此の侭、フェイドアウトしてしまうのか?」と不安な日々が続きます。しかし、片瀬那奈は再び歌うのでした。其れは、2004年のクリスマスの奇跡でした。


(小島藺子/姫川未亜)


posted by 栗 at 00:07| YUMEKAYO | 更新情報をチェックする

「得意の下ネタを炸裂させた猪木」

猪木語録 元気ですか!一日一叫び!


☆昨日のプロレス・ニュース☆

武藤やる気!勝利ボーナスはAV出演(スポニチ 12/18)

アントニオ猪木に重病説、余命3ヶ月の噂とは?(Sports Watch 12/18)


及川クンが大河ドラマまで登り詰めたって云うのに、武藤ちゃんも猪木も何をやってんのよさ。特に「得意の下ネタを炸裂させた猪木」って、猪木の必殺技は反則の首絞めや拳骨殴り(猪木がやると何故か「魔性のチョークスリーパー」とか「怒りの鉄拳制裁」と云う立派な技になる)すら使えず、今や「下ネタ」っすか、、、ま、AVだったら随分と昔に藤原組長とか出てたし珍しくも何ともないのだけど、「AV出演を賭けて闘う」って、志向が逆じゃまいか?てか、「ニュース・ソースが東スポ」って記事を堂々と出しちゃう「Sports Watch」って何だ?嗚呼、プロレスは一体、何処へ向かっているのでしょう。


(鳴海ルナ)



posted by 栗 at 00:05| SEXY | 更新情報をチェックする