nana624.png

2009年05月13日

「笑っていいとも!」で革命!

Begin Here: Complete Decca Mono Recordings


フジテレビ 12:00〜13:00


此れって、何て「幽霊友人」?

もう時効でしょうから告白しますが、丁度壱年前にも那奈ちゃんは「いいとも!」にゲスト出演しました。其れで、あたくしは初めて「聖地・新宿アルタ前」へ逢いに行ったのでした。思えば、あたくしは「いいとも!」に出演する那奈ちゃんをリアルタイムで観た事が無かったのです。まぁ、普通の社会人なら当然なのだけど、昨年は「フラガール」を追っかける為に会社を辞めてしまったわけでして、そんな時じゃなきゃ「追っかけ」なんて真剣に出来ないってんで「公的なイベント」は全部行きましたよ。何せ、壱年前のアルタでは出待ちしてて那奈ちゃんに声を掛けられたから舞い上がっちゃって「明日も行きます!」とか本人に云っちゃって、本当に大阪でのトークショーに行ったし、其の翌日も府中競馬場へ行きましたよ。長い「那奈ヲタ歴」の中でも、2008年は最も那奈ちゃんに逢えた時でした。アノ伝説の歌手時代よりも多かったのですから、間違い無いでしょう。

其れで、今回は「観覧しちゃうぞっ!」と決意したのです。珍しく月曜日に女子マネちゃんから告知が在り、もう「キャンセル待ちするしかないじゃん!」と、朝早く出掛けたんですよ。ところが、案の定「観覧は女性限定です」と無情にも宣告されました。。。其処で、あたくしは何の躊躇も無く「入り待ち、出待ち」を選択せず、片瀬の街へ還ってしまいました。其れは「リアルタイムでTVを観る為」だったのです。何故なら、僕は「片瀬那奈ちゃんが大好きな『いいとも!』に出る姿を、壱度もリアルタイムで観た事が無かった」と気付いたからです。那奈ちゃんがサッカーのリアルタイム観戦にこだわる様に、やっぱりTVでも「其の時間に観なければ納得がいかない」んですよ。僕ら男子は「ほぼ絶望的にアルタには入れない」と解ってしまったわけです。ならば、おそらく「那奈ちゃんが出る『いいとも!』の生放送をTVで観る」って機会も、今回限りかもしれないわけだ。だって、次も休める保障なんて無いじゃん。

番組後半に出ずっぱりだった那奈ちゃんは、限りなく可愛かった。此れまた「おいおい、また御当地キューピーかよ」と「こっちのネタでも、どんだけ食いつなぐ気なのかしら?」と思わせての「新ネタ披露!」には、参ったよ。何せあたくしは「イチゴ=15=イコ」ですからね。でもね、あたくしも見た目だけで「とちおとめ」と「あまおう」は解りました。那奈ちゃんファンだと、自然と「色んな事を覚えちゃう」んだよね。

最近、那奈ちゃんは充実して居るんだね。表情が、本当に好いです。其れに仕草も素敵です。何気ない立ち居振る舞いからも「僕らは心から片瀬那奈ちゃんを愛して居るんだナァ、だって、こんなに綺麗で可愛くって面白くってカッコいいんだもん!」って感じさせてくれるんです。本当に、僕らは幸せだと思います。こんなにも期待を裏切らず、其の上を行く「片瀬那奈」のファンで在る事に誇りを保てるんです。世界中に堂々と「那奈ちゃんが好きだ!」って云えるんだもん。ありがとう、那奈ちゃん。


(小島藺子/姫川未亜)



「笑っていいとも!」フジテレビ公式サイト

posted by 栗 at 13:07| TV | 更新情報をチェックする

「片瀬那奈マネ日記」#453

タモリ2


サブタイトル「笑っていいとも!」
(【注】前回とは同じタイトルですが別内容です。)

以上。

「女子マネちゃん、告知有難う御座居ます。」


(「Love Ya ! ◎+」:小島藺子)



posted by 栗 at 17:07| pre-UNYO | 更新情報をチェックする

「読売新聞夕刊」で革命!

僕たちの好きだった革命


もの言わぬ時代に叫ぶ(読売新聞夕刊 5/13)

以下、引用。

「僕たちの好きだった革命」再演

 学生運動をテーマにした「僕たちの好きだった革命」(脚本・演出=鴻上尚史)が、19日から31日まで東京・池袋の東京芸術劇場・中ホールで再演される。ヒロイン役の片瀬那奈(27)=写真左=は「今は何でも発言できる自由な時代だが、逆に一人一人がものを言わなくなっている。その意味では、当時の空気にあこがれも感じる」と話している。

 学生運動の全盛期に機動隊のガス弾を受けて意識不明となった高校生の山崎(中村雅俊=同右)が、30年ぶりに意識を回復して復学。様変わりした生徒たちに戸惑いながらも、次第に未来(片瀬)らを仲間に引き入れ、やがて文化祭開催を巡って学校側と闘う。

 山崎の存在は当初、異分子として周囲から疎まれるが、片瀬は「断然、そういう人物に興味があるので、友達になってみたい」ときっぱり。一昨年の初演時には、日本で学生運動があったことも知らなかったというが、「現状を変えたいとの〈叫び〉はいつの時代も変わらないはず。家族で見に来てもらい、世代を超えて話し合ってほしい」と訴えている。

(2009年5月13日 読売新聞)


「女子マネくん、告知てんきゅ☆」


(小島藺子)



posted by 栗 at 17:57| MAGAZINE | 更新情報をチェックする

「はねるのトびら」で革命!

太陽を待ちながら


フジテレビ 19:57〜20:54

「オシャレ魔女アブandチェンジ」にゲスト出演


「片瀬那奈、黄金時代到来!」

2009年も早くも中盤に差し掛かりましたが、今年の那奈ちゃんの充実振りは素晴らしいです。本業で在る「女優」として、ようやく満を持して「助演女優賞」と云う「勲章」を得た事実が、片瀬那奈に「確固たる自信」を与えてくれたのでしょう。「美月うらら」を、彼女は逃さなかった。アノ役を「本当に好い役」と本気で思い、賭けた。其れは、本来なら存在し得なかったはずの「西豪寺エレナ様」を創造してしまった片瀬だからこそ成し得たのです。他の何人が「うらら」を演じられたでしょう?ようやく、世間が「怪優・片瀬那奈」を認知せざる得ない状況にまで、片瀬那奈は上がって来たのです。僕らは知って居る。那奈ちゃんがどれだけ弛まぬ努力を重ね、真摯に積み上げて来たのかを、僕らはずっと観て来た。でも、やっと、みんなに届いたんだ。嬉しいよ、那奈ちゃん。

だからこそ、本来なら「革命」の告知でお茶を濁す程度で好いし、大体、何で那奈ちゃんだけが「しゃかりきになって宣伝皇帝をやって居る」って事が不可思議なのに、彼女は迷いが全く無いのです。常に、真剣勝負なんです。何も「莫迦負け」しなくたっていいのに、キチンと負けて無様な格好を晒すのだ。なのに、其の姿こそが「美しい」わけよ。那奈ちゃんはさ、高い服を着てなくたって「那奈ちゃん」なのよさ。存在自体が「美」なんだもの。容姿も美しいけれど、僕らが十余年もファンで居られるのはさ、彼女の心にゾッコンだからなんだよ。「こんな事しなくたって好いのに、、、」って輩は「片瀬那奈ファン」にはならない。「こんな事をやっちゃう那奈ちゃんが大好き!」なんだよ。みんな「一寸背の高い脚長のグラビア・アイドル」でも「早過ぎた電脳美女歌手」でも「美人女優」としてでもなく、何かのキッカケで「只のきれいなおねえさんじゃない、愉快な那奈ちゃん」に出逢い、離れられなくなったんだ。こんな「本気」を魅せられたなら、僕らファンは歓喜の歌を絶唱するしかないし、ファンでない世間にも「片瀬那奈って面白い!」って伝わるよ。那奈ちゃんは「思想家」です。しかも「実践する芸術家」なんです。最強だよ。君の「夢想」は、実現する。

「カッコいいぜっ!御本尊様」


(小島藺子/姫川未亜)



「はねるのトびら」フジテレビ公式サイト


posted by 栗 at 20:57| TV | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

「片瀬那奈マネ日記」#454

Ghost Busters


サブタイトル「『ゴーストフレンズ』第6話」

以上。

「 業 務 連 絡 、 乙 」


(「アリガト、◎+」:小島藺子)



posted by 栗 at 17:47| pre-UNYO | 更新情報をチェックする

ドラマ8「ゴーストフレンズ」第6回(全10回)

Snow Rain


NHK総合 毎週木曜日 20:00〜20:43

「最後のプレゼント」

【キャスト】
 福田 沙紀:神谷 明日香
 片瀬 那奈:小野 あやか
 水崎 綾女:青山 ミク
 西島隆弘、入山法子、愛衣、入江甚儀、モト冬樹、岡田義徳、友近、渋谷飛鳥、横山めぐみ、鰐淵晴子 ほか

【スタッフ】
 原作:遠藤彩見
 演出:笠浦友愛、梛川善郎、田中英治



マジで先週の放送が飛んだので「打ち切りかっ?!」と心配された方々も居られたでしょうが、ちゃんと最後までつづくので大丈夫ですよ。

前回の余りにも少ない出番(一分間もなかったっ!悪夢の「ラストクリスマス」を思い出したわよ。)に、全世界那奈億人の「小野あやかフリーク」の怒りが爆発し、日本放送協会様へ抗議の声が殺到した様子です。其れで慌てて出番を増やしたのではないか?と思わせる様に、何故かクラスメイトを招待するはずの場面に「あやかサンまでノコノコとやって来た」り「何の脈略も無く美空に取り憑かれた」りしました。挙げ句に「明日香の弟にひと目惚れされる!」等と云うトンデモ展開まで加えられ、最早「此れって、NHKのゴールデンに流すドラマですかぁ?」と普通なら苦言を呈したくもなるのですが、此処としましては、

「那奈ちゃんの出番さえ増えれば、好いわけですよっ!」

もう、バカバカしくて「数字の話」も飽きました。大体、どーだってイイわけですから。おそらくDVD化もされないでしょう。でもね、僕は此のドラマ、好きですよ。那奈ちゃんの役も、とっても好いです。物語も中盤を迎え、壱話完結ながら全体の流れでの話が中心になって来ました。そうなれば矢張り「キーパーソン」となるのは「小野あやかサン」ですよ。

美空に取り憑かれた時の「悪女」の表情は、流石に上手かった。ゴーストに取り憑かれる役者サンが沢山登場するドラマですが、片瀬那奈は図抜けて居ました。片瀬那奈は「女優」です。何でも演じられる「名優」です。


(小島藺子/姫川未亜)



ドラマ8「ゴーストフレンズ」NHK公式サイト


posted by 栗 at 20:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

FAB4-050:ANYTIME AT ALL

Code of the Road Code of the Road: Greatest Hits Live


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス
 2E:ケン・スコット(6/2)、リチャード・ランガム(6/4)、ジェフ・エマリック(6/22)
 録音:1964年6月2日
 MONO MIX:1964年6月4日、22日(英米盤用2種)
 STEREO MIX:1964年6月22日

 1964年7月10日 アルバム発売(「A HARD DAY'S NIGHT」 B-1)
 パーロフォン PMC 1230(モノ)、PCS 3058(ステレオ)


「ジョン・レノンのソロ作品集」(断言!)で在る、アルバム「A HARD DAY'S NIGHT」のA面は、先行シングルだったポール作の「CAN'T BUY ME LOVE」で終わります。ジョンは「美味しいトコ」を、ちゃんと相棒に用意していました。最新ヒットです。ポールの曲です。映画のサントラ面のラストです。A面の那奈曲は、リード歌手としてなら、「ジョン&ポール:2、ジョン:2、ポール:2、ジョージ:1、リンゴ:0(此処が重要!試験に必ず出ますよっ!)」と、絶妙のバランスを取っています。完璧です。然して、其の作者は、「ジョン:5、ジョン&ポール:1、ポール:1」と云うカラクリになっているわけです。此れじゃ「レノマカ」じゃないじゃん。「レノマ」でもないじゃん。「ジョン・レノン、マ」くらいなモンじゃん。

そーやって、対外的には「三人でやってますよ、ええ、僕らは均等な関係です。(おいおい、リンゴは?)」と見せかけつつ、実権を完全に握って居たのが「1964年のジョン」でした。他の連中は「下僕」です。そんでもってだ、映画のサントラって事で、レノンは敢えて「我を捨てた」わけです。でもね、B面は「映画とは関係の無い新曲集」なのだよ。

「最早、ジョン・レノンの独壇場ですっ!」

現在では大好きな曲になったポール作の「THINGS WE SAID TODAY(今日の誓い)」を、中学生だった僕は捨てた。此のアルバムのB面は、真ん中の三曲目を飛ばして聴いていました。すると、其れは、つまり、

「ジョン・レノンのソロ・アルバム」になっちまうのだよ。

其の最初が此れです。「タン!」で「えにたいあとおー!」です。其の後にポールが「えにたいあとー!」と高音で返しますが、彼の出番は其れのみなのでした。其の後は「今日の誓い」まで全く出番無しですよ。一曲だけ歌わせてもらったら、其の後もずっと、ジョンだけです。ジョンの声しか聴こえないのです。掛け値無しの名曲である「ANYTIME AT ALL」は、1964年6月2日に録音されました。其の日は、三曲が録音され、最初に此の曲を「那奈テイク」、次にポールB面唯一の貢献「今日の誓い」を「たったの3テイク」で完成し、「WHEN I GET HOME(家に帰れば)」を「11テイク」もやらかして、再び此の曲の「8〜11テイク」を録音し完成させ、家に帰ったのです。

何故、此の曲は「昼休みまで挟んで、二曲も別の楽曲を録音してから最終テイクへと向かった」のでしょう?なな、なんと、午前中の初めの「那奈テイク」時には、、、

「ジョンはミドルエイトを書いてなかったのだよっ!」

未完成の曲を、那奈回も手下どもに演奏させていたのです。そしてポールの自信作に付き合ってやる親分肌を見せつけた振りをして、昼休みになってから慌てて「ミドルエイト」を書き足し、そんな素振りすら見せずに自作の「家に帰れば」を録音した後で、

「じゃあ、最初に途中までだったアレも、やっつけちまおうか?」

とばかりに、さも最初から全部出来ていたと思わせて初めて完成作を披露したのでした。実際に、ポール、ジョージ、リンゴの下僕どもは、本気で「ジョンのペテン」に完璧に騙されていたのですよ。まさか未完成だなんて思ってなかったのです。つまりだ、此れは「時間を隔てた二つの曲を別々に書いて録音しひとつにまとめた楽曲」なのです。なのに、此の一貫した疾走感は一体何なんでしょう?

「ジョニー、恐るべし。」


(小島藺子/姫川未亜)


初出:「COPY CONTROL」2008-10-18

(REMIX by 小島藺子)



posted by 栗 at 03:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

「小さな一歩」

Shine/REVENGE〜未来(あす)への誓い〜(初回)(CCCD)(DVD付)


壱週間のご無沙汰でした、小島藺子です。

今回あたくしは諸々の事情で、敢えて「此処の更新を壱週間公開しない」事にし、実行致しました。其れは「実験」でした。現在、あたくしは大いに迷って居るのです。当然の事ですが、あたくしは生涯を賭けて「片瀬那奈ちゃんを記録」します。只、其れを毎日断片的に綴って公開する事に関して「此れで好いのかしら?」と思っても居るのです。更に、あたくしが不慮の事態に落ち入った場合に「誰が此処を継承して下さるのか?」って事も悩んで居ます。おそらく、あたくしが書けなくなったなら此処は消えるでしょう。何故なら、所詮、此処はあたくしの「個人ブログ」に過ぎないからです。

此処が何時の間にか毎日更新になってしまってから、三年近くなります。合併した「COPY CONTROL」での記事を含めれば、五年近く毎日更新を続けて居ます。最早、其れが当たり前の世界になって居ます。当初、半年位は此処を観て下さって居た片は「ひと桁」でした。ハッキリと云えば、毎日覗いて下さった片は「三人」でした。僕は、其の三人の為だけに書いた。信じられないでしょうけど、此処を始めた当時(2004年12月末)は、本隊だった「コピコン」の読者が三桁だったのです。其の多くが「何故、片瀬那奈の記事が載って居るのだ?」と批判したのです。だから、僕は此処を始めた。「COPY CONTROL」は、片瀬那奈ちゃんの事を書きたくて始めたのに、王道で在る「片瀬那奈」が弾かれたんです。僕は、悔しかった。何故、個人ブログなのに「壱番書きたい事が理解されないんだっ!」と、自分の非力を呪いました。僕の理念は「片瀬那奈」を中心として形成されて居るのに、全く理解されなかった。

五年掛けて、此処に全てを集約しました。此処が「僕のすべて」です。本来、「COPY CONTROL」とは、此の形態で始めたんです。全く理解されなかったし、永遠に解ってもらえないのかもしれません。でも、僕は続ける。此処は、単なる「片瀬那奈ちゃんのファン」が「片瀬那奈ちゃんを記録し批評する」だけの場所です。全ての記事は「片瀬那奈ちゃんありき」で成り立って居ます。

「片瀬那奈」は「虚構」です。僕は彼女の実像には、さほど興味は在りません。「虚構」の「片瀬那奈」を愛して居ます。其れが、実像の彼女にとって「嘘」でも好いんです。でも、僕にとっては「真実」です。僕は「片瀬那奈」が好きなんです。那奈ちゃんのファンなんです。此れからも、ずっとそうです。「片瀬那奈」と云う「虚構」は、十余年も僕を魅了してくれました。きっと彼女なら、永遠に出鱈目な理想を見せ付けてくれるでしょう。有り得ない事を、絵空事を、実現出来るって示してくれるでしょう。

彼女が「片瀬那奈」と名乗り表現活動を続ける限り、僕は追う。そう、此れは決意表明です。僕は、此の世に片瀬那奈が存在する限り、絶対に死なないよ。安心したまえ、同志諸君。「ゼンキロ」は、終わらない。あたくしが永遠に書き続ける。だって、此処は「小島藺子の個人ブログ」なのよさ。


(小島藺子)



posted by 栗 at 21:55| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

FAB4-051:I'LL CRY INSTEAD(ぼくが泣く)

The Anthology Extracts_from_the_Album_A_Hard_Day's_Night.jpg


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス
 2E:ケン・スコット(6/1)、リチャード・ランガム(6/4)、ジェフ・エマリック(6/22)
 録音:1964年6月1日
 MONO MIX:1964年6月4日
 STEREO MIX:1964年6月22日

 1964年7月10日 アルバム発売(「A HARD DAY'S NIGHT」 B-2)
 パーロフォン PMC 1230(モノ)、PCS 3058(ステレオ)


と云うわけで、「ANYTIME AT ALL」で幕を開けた「ジョン・レノン劇場」は、目くるめく「至上の快楽と絶頂」へと向かいます。「ANYTIME AT ALL」では、所謂ひとつの「スーパー・インポーズ」で「ポールの声」を足した「悪漢:レノン」は、続く此の摩訶不思議な楽曲で、相棒を蔑ろにします。此処で聴けるのは、ジョンの「ダブル・トラック」の歌声です。「二人のジョンが歌います。」「4トラック」と云う「自由自在」に、ジョン・レノンは多くの試みを企み実現しました。彼は、知ってしまった。

「何だよ、俺様だけで、全部やれちゃうわけだ。」と。

そして、「英雄:ブライアン・ウイルソン」を嘲笑うかの様な「実験」を敢行し成功します。ジョンは、此のオリジナル英国盤では、たったの「一分四十四秒」で終わってしまう楽曲を、在ろう事か、二部に分けて録音し繋げました。其れは、当初から「決まりだもの」の、計画的な企みだったのでしょう。だってさ、こんなにも短い曲を「一発録り」出来ないなんて、常人の感覚なら考えられません。確かに、当時の「レノン式」なる楽曲は、音楽的知識を持つ方々には通じなかった。たった二分にも満たない楽曲にも、多くのドラマが潜んでます。つまりだ、ジョンが「二つの異なるヴァージョンを、ひとつに繋いでくれとマーティンに最初に御強請りしたのは、1966年の終わりではなかった」のだ。其れは、1964年だったのです。だから、1964年の米国初上陸時の映像で、あの曲のイントロをレノマカはピアニカで吹いてのけた。

此の小品は米国サントラ盤では「二分六秒」の長さに編集されました。映画の冒頭にも流されたから、純粋なサントラ盤にも収められています。此れは何を意味するのかと云うと、此の曲が二部構成で別々に録音されたのは「苦肉の策」では無く、ジョンにとっては「編集を見越しての計画通り」で「自信作」ゆえの「実験」だったとの事実です。曲も複雑怪奇ですが、詩も「自虐的に後悔するダメ男」が主役と云う「人気アイドル集団の初主演映画の冒頭に流すべき曲とは違うのではないのか?」と云うモノです。物事は、突然に何も無い処から出現したりしません。全てには「0」では無く「1」が存在するのです。「無」からは何も生まれないのだ。其れは、其れ以前に「有った」のです。「有」からしか始まらないのです。もう壱度、云いましょう。

「片瀬を、観よっ!」

あ〜れ、まっ?いつの間にか、

「片瀬噺」になっちょるよっ!てへへ☆


(小島藺子/姫川未亜)


初出:「COPY CONTROL」2008-10-19

(REMIX by 小島藺子)



posted by 栗 at 00:07| FAB4 | 更新情報をチェックする

「めざましどようびメガ」で革命!

エレクトリックパーク


フジテレビ 9:55〜10:54

「家電BUY-KING」コーナーに出演!

「おおっと、神様ふたたび、だぁー!!」

ま、予想通り(事前に出演コーナーまで告知されて居たので)片瀬クンの出演部分は録画でしたので、残念乍ら「神様との再会」とは成りませんでしたが、矢張り「片瀬クン」の命名者で在ります「神様」こと「ケンコバ」さんの声は好いって!

ファンにはクリシェとなった片瀬クンの得意技で在る

「必殺!家電の女王値切りのあたし固め」

を披露して下さったのですが、今回のポイントはズバリ云って、終盤に唐突に出ました。

「(内山)理名の為に、あたしは値切る!」

うわっ!ガチだ、シュートだ、御本尊様カッコいいって!やってやるって!コア出版が黙ってないって!正に「まるで恋人同士である」だって!!堂々とカミングアウトしちゃったって!!!!!!!(ぜいはあ)

「那奈ちゃん、アンタは漢だっ!!」

惚れ直したって!嗚呼、片瀬那奈は「美しい人」だ。


(小島藺子)



「めざましどようびメガ」フジテレビ公式サイト


posted by 栗 at 10:57| TV | 更新情報をチェックする

「もしもツアーズ」で革命!

バスルームから愛をこめて


フジテレビ 18:30〜19:00


「今度こそ、入浴して下さい!御本尊様!!」

でさ、あのさ、此れって、何て「幽霊友人」?

えっと、フジテレビ様と日本放送協会様は「結託」なさって居られるのですか?「何故?の嵐」ですよ。だってさ、先日の「いいとも!」に続き「ゴーストフレンズ」絡みの共演者と一緒ってのが「大杉蓮!」なんですよ。

だから、友近サン、アータの「入浴場面」は求めてないってっ!!片瀬クンの「豪快な喰いっぷり」も楽しみだけど、満を持しての「きれいなおねえさんの入浴場面」こそが、全世界那奈億人の「片瀬那奈なしでは居られない」って輩どもの「望み」だと、此の際ですからハッキリとキッパリと断言しましょう。何故?横に居て笑って居るだけなのよさ。引っぱり過ぎだよ、御本尊様!!温泉だぞ、絶対入ってますよ。其れを公開しないのは、イカン!!其れじゃ「渡辺美奈代の写真集」じゃん!!!!!!!結局、今回も那奈ちゃんの入浴場面は放映されませんでした。

「浴衣姿を拝めただけでも充分だろ?満足しろってっ!!」って声が聴こえます。此の番組は「2009年4月15日〜16日」に収録されたと思われます。「那奈ちゃん大好き!」な「同志:ウドちゃん」ですから「あ〜ん!」も微笑ましいのです。でもさ、十二分に「エロティックな場面」でも在ったのです。「ウドちゃんになりたいっ!」と、全世界那奈億人の那奈ちゃんファンが固唾を飲んでしまったでしょう。「ウドちゃんなら許されるのかよ。。。」と忸怩たる思いで居たでしょう。中には、小早川妙子の如くテレビジョンを破壊してしまった輩まで居たと思われます。そんな僕らが待って居たのが「入浴場面」でした。今度こそ!と、あたくしも煽りました。

でもね、其れでも入浴しないのが「御本尊様」なんです。

僕は、在る意味、安堵しました。


(姫川未亜)



「もしもツアーズ」フジテレビ公式サイト

posted by 栗 at 19:07| TV | 更新情報をチェックする

「28歳 part 3」

ビジョメガネ


同志:女子マネちゃんに告ぐ。

「御誕生日おめでとう!!」

僕らは、君を信頼して居ます。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 23:35| pre-UNYO | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

FAB4-052:WHEN I GET HOME(家に帰れば)

bjfth.jpg Fried Glass Onions: Memphis Rocks Beatles 1 ジョン・レノンに恋して


 w & m:LENNON / McCARTNEY

 P:ジョージ・マーティン
 E:ノーマン・スミス
 2E:ケン・スコット(6/2)、リチャード・ランガム(6/4)、ジェフ・エマリック(6/22)
 録音:1964年6月2日
 MONO MIX:1964年6月4日、22日(英米盤用2種)
 STEREO MIX:1964年6月22日

 1964年7月10日 アルバム発売(「A HARD DAY'S NIGHT」 B-4)
 パーロフォン PMC 1230(モノ)、PCS 3058(ステレオ)


ポール作の「THINGS WE SAID TODAY(今日の誓い)」でお茶を濁して、ふたたび「ジョニー・ゲット・バック!」するのが、「WHEN I GET HOME(家に帰れば)」とは憎い演出です。此の曲から、先行シングルのB面!だった「YOU CAN'T DO THAT」、そして「I'LL BE BACK」へと雪崩れ込む展開は、桃源郷です。「ジョン好きサン」いや、其れは正にビートルズのファンなら、跪き感涙せねばおれない世界です。思えば「今日の誓い」ですら前述の通り、曲を際立たせて居るのは「レノンのアコギ」なのです。バックに回ったレノンも侮れません。つまり、アルバム「A HARD DAY'S NIGHT」のB面とは、完全なる「ジョン・レノン劇場」です。

ジョンは、実際に「締め切りに追われ、急場しのぎで多作していた」のでしょう。相方のポールは未だ「覚醒」しておらず、其れでも契約上の問題で何としてでも年間二枚のアルバムを出さねばならなかった。でも、もう「カヴァー曲」で逃げるのも避けたかった。追い詰められた時、ジョン・レノンと云う「世紀の悪漢」は爆裂します。何なんだよ?此の曲の出だしは?きっと、我が愛しの片瀬那奈ちゃんが聴いたなら、こう云うでしょう。

「ジョン、いきなりだナァ」

最早、問答無用です。

「おうおはぁーーーっ!おうおはーーーっ!!」

と「二人のレノン」が絶叫し、ザラついた、喉をぶっ壊した「ジョン・レノン節」が、がなり立てて二分一寸で唐突に終わってしまうのです。

「ジョン、やりっ放しだよ、ジョン」

云いたい事だけ云って、お終いですよ。「やっぱ、カッコいいナァ。」と、ポール&ジョージは思ったでしょう。ん?リンゴ?彼は「何も考えてなかった」と思います。そろそろ「リンゴのファン」から脅迫状が届きそうですね。ほら、リンゴが「もう手紙は送ってよこすなよっ!オラは忙しいんだから、今後は送って来ても読まずに捨てるぞ、ごらぁっ!!」なんて云っちゃったからさ、困った「リンゴちゃんヲタ」があたくしに手紙を書くのよさ。「あっ。そんなコアなリンゴちゃん好きなんて、存在しないか。安心だね☆」其れでね、こんなマイナーな曲をカヴァーする奴って、よっぽどの「ビーヲタ」だと思います。此れは、なかなか見つからなかったんですよ。そしたら「ザ・ハッスルズ」なんて聞いた事も無い売れないバンドがカヴァーしていました。

でさ、ジョンはテキトーな事を歌っているのよさ。彼は「家になんか帰りたくなかった」と思うもの。だって、帰ったら赤ん坊が夜泣きして眠れないじゃん。此の曲を歌った時、ジョンが家に帰れば「生後二ヶ月弱のジュリアン」が、「でき婚したシンシア」と一緒に待っていたのですもの。


(小島藺子/姫川未亜)


初出:「COPY CONTROL」2008-10-20

(REMIX by 小島藺子)



posted by 栗 at 00:03| FAB4 | 更新情報をチェックする

「COME TO-GET-HER !」

Come Together


さて、待った無しです。いよいよ「革命」再演が始まります。

あたくしは、昨年の「フラガール」の様には追っかけられません。あんな事は、生涯に壱回ですよ。確かに、あたくしは舞台「フラガール」の制作発表に参加出来て、赤坂23公演を全て最前列で観劇しました。全国公演も追いました。全36公演中27公演を観ました。夢の様な日々でした。

現在、あたくしが持って居る「革命」再演のテケツは、たったの6公演のみです。其れは、池袋の初日(5/19)、トークショーの日(5/21&5/28)、最終日(5/31)と、山口公演(6/29)、そして千秋楽の兵庫公演(7/5)です。無論、其れだけでは済まないでしょう。けれど、全35公演中、せいぜい10公演位しか観劇出来ないと思います。

「那奈ヲタ失格じゃん!」

ええ、何とでも蔑み罵って下さって結構です。其れをバネにして、次回こそは、、、

「全公演制覇しちゃうよっ☆」(森田ちゃん声で)

其れで、みんなにお願いが在ります。此処ってさ、投稿を常に求めて居るのですよ。あたくしだけじゃ、片瀬那奈ちゃんを追うのは限界が在ります。是非、みんなの街で「革命」が起きたら教えて下さい!いつもいつだって、待ってます。此の呼びかけに真摯に応えて投稿を続けて下さって居るのは「盟友 002:うっぴー☆」だけです。いつも有難う。最近もこんな素敵な投稿が在りました。

「星村麻衣リクエストライブ」

此処は時系列で更新して居りますので、過去記事の更新は見落とされてしまうのですけど、チマチマと書き足したりしてますので、何卒宜しくです。投稿して下さい!みんなで「片瀬那奈ちゃんの足跡」を、後世に遺しましょう。みんなのチカラが必要です。僕の為じゃなく、みんなの那奈ちゃんの為に協力して欲しいんです。お願いします。


(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 01:28| NO IMAGE | 更新情報をチェックする

「流石、フジテレビだぜっ!TVで那奈ちゃん☆」

マーキー・ムーン<SHM-CD>


☆片瀬那奈ちゃん☆TV出演予定☆最新版☆

■ 5月21日(木) フジテレビ 15:00〜15:57
 「暴れん坊ママ」再放送#1『なんで私がママなのよっ!!』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月21日(木) NHK総合 毎週木曜日 20:00〜20:43
 ドラマ8「ゴーストフレンズ」第那奈回
 (助演:小野あやか 役)

■ 5月22日(金) フジテレビ 15:00〜15:57
 「暴れん坊ママ」再放送#2『突撃!!園ママデビュー戦』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月25日(月) フジテレビ 15:00〜15:57
 「暴れん坊ママ」再放送#3『オヤジ襲来!!退園の危機』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月25日(月) フジテレビ 15:57〜16:53
 「暴れん坊ママ」再放送#4『見た!!園ママ社会のウソ』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月26日(火) フジテレビ 15:00〜15:57
 「暴れん坊ママ」再放送#5『衝撃!本当のママの秘密』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月26日(火) フジテレビ 15:57〜16:53
 「暴れん坊ママ」再放送#6『初恋!!(秘)ヒヒーン作戦!?』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月27日(水) フジテレビ 15:00〜15:57
 「暴れん坊ママ」再放送#那奈『息子は天才!?お受験参戦』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月27日(水) フジテレビ 15:57〜16:53
 「暴れん坊ママ」再放送#8『大迷惑!!空気読めない男』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月28日(木) フジテレビ 15:00〜15:57
 「暴れん坊ママ」再放送#9『大逆転!!波乱のXマス会』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月28日(木) フジテレビ 15:57〜16:53
 「暴れん坊ママ」再放送#10(最終回)『涙の卒園式…愛しい子よ』 NEW !
 (助演:花輪倫子 役)

■ 5月28日(木) NHK総合 毎週木曜日 20:00〜20:43
 ドラマ8「ゴーストフレンズ」第8回
 (助演:小野あやか 役)


なるほどね、CXサン、そー来ましたか。やるじゃん!そらそら、次の再放送は何ですか?他の局も、全部やっちゃいましょう!!今こそ、温故知新なのです。那奈ちゃんの歴史を、見せ付けて下さいナ☆


■ 舞台情報

KOKAMI @ network vol.10
「僕たちの好きだった革命」再演!!


 演出、脚本:鴻上尚史

 出演:革命同志諸君(半分入れ替えアリ)、ヒロイン&語り部は勿論、
 
 片瀬那奈 as 小野未来


 【東京公演】


 2009年5月19日(火)〜5月31日(日)
(5/21 & 5/28は、トークショーも在りますよっ!)

 @ 東京芸術劇場中ホール(池袋)全17公演

 初日完売!絶賛発売中!!


 【全国公演】

 期間:2009年6月2日(火)〜7月5日(日)全18公演予定

 【北海道公演】
 北海道(札幌)6/2(火)@札幌市教育文化会館 大ホール
 北海道(中標津)6/4(木)@中標津町総合文化会館しるべっとホール
 北海道(中池田)6/6(土)@池田町田園ホール
 北海道(小平)6/8(月)@小平町文化交流センター
 北海道(滝川)6/9(火)@たきかわ文化センター
 北海道(伊達)6/11(木)@だて歴史の杜カルチャーセンター 大ホール

 【石巻公演】
 宮城(石巻 )6/13(土)@石巻市民会館

 【福島公演】
 福島(福島)6/14(日)@福島県文化センター 大ホール

 【岩手公演】
 岩手(奥州)6/16(火)@奥州市文化会館 中ホール
 岩手(奥州)6/17(水)@盛岡劇場 メインホール

 【名古屋公演】
 愛知(名古屋)6/21(日)@愛知県勤労会館

 【大阪公演】
 大阪(大阪)6/27(土)〜6/28(日)全3公演 @サンケイホールブリーゼ

 【山口公演】
 山口(山口)6/29(月)@山口市民会館 大ホール

 【広島公演】
 広島(広島)7/1(水)@アステールプラザ 大ホール

 【兵庫公演】
 兵庫(宍粟)7/3(金)@宍粟市山崎文化会館
 兵庫(篠山)7/5(日)@たんば田園交響ホール

価格破壊!絶賛発売中!!


「僕たちの好きだった革命」公式サイト


「集え!那奈ヲタ」






映画「20世紀少年」第2章: 最後の希望
未だ、やってるんじゃまいか?



(小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 02:57| TV | 更新情報をチェックする