nana624.png

2008年05月25日

「さようなら、インリン様」

インリン・オブ・ジョイトイ 2007年 カレンダー


インリン様“昇天”…美しく死す(デイリースポーツ 5/25)


インリン様が逝ってしまわれました。あたくしは「プロレス者」ですから、「ハッスル」を「プロレス」とは断じて認めません。「ハッスル」自身も、自ら「ファイティング・オペラ」と称しています。

されど、幾ら「日本一のローカル民放:テレ東」とは云え、日曜日の夕方16時から1時間15分も地上波で放送されると云うのは脅威です。しかも、昨日の興行を撮って出しですよっ。世間にとっては「ハッスル」も「プロレス」ですから、深夜に30分しか放送されていない「ノア」や「新日」なんかよりも、圧倒的に認知されている「プロレス」が「ハッスル」なんです。とほほ。

そんな「へっぽこハッスル」で、橋本が逝き小川も匙投げた後、あたくしが唯一認めていたのが「インリン様」でした。元々、「ハッスル」は橋本の団体「ゼロ1」が母体と云っても過言では無い団体で、其の「裏事情」は摩訶不思議で「武藤ちゃん体制の全日」や「K-1」「PRIDE」、「元U系」、更には「全ての元祖:アントニオ猪木」までも複雑に絡んだ世界です。然し乍ら、世に「ハッスル」を認知させたのは「小川直也」です。其れを命じたのは、師・猪木でした。事実、「ハッスル時代」の「橋本、小川」を強引にドーム大会のメインに「突然卍固め」で参戦させたのも、猪木です。そもそも、「橋本と小川の死闘から友情へ」と連なるドラマを演出したのも、猪木なのです。遅過ぎた現役引退から、早10余年。現在でも、格闘界の全ては「猪木の思惑」で動いています。

「嗚呼、馬場サンが生きていたらナァ。
 せめて大木サンが生きていたなら、
 こんな『猪木恐怖独裁院政』は、、、(ry」

(すいません、猪木サン、すいません。貴方はあたくしの師ですよっ。でもさぁ。)

でさ、昨年の大晦日に例年通り「格闘技番組」をザッピングしていて、一番面白かったのが「ハッスル」の「インリン様」だったのですよ。想像以上に練習していると分る動きでした。下手なインディーズのレスラーなんかよりも、ずっと「マトモなプロレス」をやっていました。

其れで、是非とも壱度は観戦しようと思っていたのですが、残念ながら昨日、愛息子「ボノちゃん」の巨体に圧殺されお亡くなりになったのでした。TVで観戦して、不覚にも半べそかいちゃいましたよ。インリン様よ、安らかにお眠り下さいませ。

で、大相撲にチャンネルを変えたんです。「カタセカイ住人の琴欧州」は、初優勝を果たしました。千秋楽も白星です。おめでとーっ!(那奈ちゃんは「あげまん」!)

でもね、最高だったのは「結びの一番」、つまりは本当の「千秋楽」である「朝青龍 vs 白鵬」でした。引き落としで勝った朝青龍が、勢いに任せてダメを押します。其れを肘打ちで返す白鵬。仕掛けに乗らせた「確信犯:朝青龍」は、シッカリとお返しまでしときながら、「おいおい、白ちゃん、何怒ってんのよ?」と唖然とした振りをします。

一触即発の睨み合い!土俵上じゃなきゃ、絶対にセメントが始まっていました。すげぇ。正に、ガチすぎる一番でした。おそらく、両横綱共に処分される事態でしょう。でもね、ぼかぁ、好きだな。

だって、格闘技なんだぜ、当たり前じゃん。


初出:「COPY CONTROL AGAIN」 (小島藺子)



posted by 栗 at 17:50| KINASAI | 更新情報をチェックする

「うっぴー☆の前に座っていた漢」

ブルガリアブック バラの国のすてきに出会う旅 (地球の歩き方Books)


「本日のカタセカイ・ニュース」

琴欧洲「欧州出身初」悲願の初V(デイリースポーツ 5/25)

久しぶりに「カタセカイ・ニュース」をお届け致します。

「おめでとう!琴欧州関」

長く辛い道程だったけど、やっぱり那奈ちゃんの「あげまん」パワーは本物です。遂に、やりました。佐渡ケ嶽親方は、あたくしの郷土の英雄です。好かった、好かった。


【参考記事】
 2006 GRAND COLLECTION IN TOKYO 桂由美「ディメンシォン・ヴィオレット」
 (2006年2月21日)


(姫川未亜)



posted by 栗 at 12:33| SEXY | 更新情報をチェックする

「ねらーは早いよ!TVで那奈ちゃん☆」

藤子・F・不二雄大全集 モジャ公 (藤子・F・不二雄大全集 第3期)


☆片瀬那奈ちゃん☆TV出演予定☆最新版☆

■ 5/26〜30(月〜金)TBS 9:55〜10:50
 「地獄の沙汰もヨメ次第」再放送
 (助演:森福みちる 役)

■ 5/28(水)日本テレビ 22:00〜22:54
 「ホカベン」
 (第那奈話ゲスト助演:松沢明美 役、5月中旬収録)

■ 5/28、6/4(水)よみうりテレビ 0:29〜0:59
■ 5/29、6/5(木)日本テレビ 0:59〜1:29
 「浜ちゃんと!」
 (ゲスト出演)

■ 5/31(土)日本テレビ 13:30〜14:55
 「サタデーバリューフィーバー イタメンっ♪」
 (ゲスト出演)

■ 5/31(土)テレビ朝日 18:30〜19:00
■ 6/7(土)BS朝日 11:00〜11:30
 「二人の食卓〜ありがとうのレシピ〜」
 (ゲスト出演)

■ 6/5(木)よみうりテレビ 23:59〜24:29
■ 6/6(金)日本テレビ 0:13〜0:44
 「嗚呼!花の料理人」
 (ゲスト出演、片瀬那奈が女優魂を見せる)

■ 6/11(水)フジテレビ 23:00〜23:30
 「グータンヌーボ」 NEW !
 (ゲスト出演 with 古閑美保さん)


「浜ちゃんと!」の予告、録画しそこねた、、、orz


(小島藺子)



posted by 栗 at 09:15| TV | 更新情報をチェックする

「Discover UEFA EURO 2008(TM)」#9 ゲスト出演

心の壁,愛の橋


WOWOW 0:50〜1:20

キャスター:中西哲生
アシスタント:竹内夕己美(WOWOWアナウンサー)

ゲスト:中田浩二(日本代表DF)/岩本輝雄(元日本代表MF)
   /片瀬那奈(女優)

公開収録:5月23日


すみません。ウチWOWOW映りません。でも、キチンと公開収録に参加しましたから、内容は知っていますよっ。てか、あたくしTVに映っているはずです。客席でWOWOW未加入者って、あたくしだけです。だって加入者限定応募の当選者限定だったんですから。

「イコちゃん、おそるべしっ!」

「なせばなる、なさねばならぬ何事も」なのです。「猪木イズム」なのです。そして、此れこそが、

「カタセイズム」なのだよ。

クイズ・コーナーは打ち合わせとは違って難問だったみたいで、全員全問不正解だったんですけど、あのぉ〜、サッカー通じゃないあたくしでも「二問とも正解」だったんですけど。一問目はVTRに映っていたユニフォームの数を数えれば「那奈」だって分かったし、二問目は、音楽好きで「世界の国歌」なんてCDまで持っているから常識でした。ま、番組的には中田選手の「ボケ」が美味しかったんで好しでしょう。

女子マネちゃんも触れていましたが、那奈ちゃんの見せ場は「片瀬那奈が選ぶ7人の男」のコーナーでした。サッカー通らしい渋い人選と、例えば「アンリは脚が長くてスタイル抜群で綺麗!」と云った女性らしい観点に中西さんも感心していました。

収録が終わって、外で那奈ヲタ談義をしていたら、中田選手が普通に出て来ました。原宿の女の子たちが「あ、アレ、ナカタじゃない?」「きゃーっ!ナカタよ、何でここにいるの?」などと騒ぎ出して、大勢の女の子たちに囲まれていました。とても背が高くて格好良かったし、意外にも無防備で握手攻めにもイヤな顔せず応じる気さくな態度に好感を持ちました。

那奈ちゃんがレギュラー番組を持ったら、WOWOWに加入するんだけどナァ。


(小島藺子/姫川未亜)



「Discover UEFA EURO 2008(TM)」WOWOW公式サイト


posted by 栗 at 01:27| TV | 更新情報をチェックする