nana624.png

2007年11月21日

水曜ミステリー9「法廷荒らし 弁護士 猪狩文助」

はぐれ刑事純情派 主題歌セレクション


テレビ東京 21:00〜22:48

(撮影:2007年5月/京都、奈良ロケ)

■ キャスト

 藤田まこと:猪狩文助(弁護士)

 片瀬 那奈:夏目理恵子(新人弁護士)

 小林正寛:野口耕一(事務員)
 勝村政信:本間 博(被害者の夫)
 白井 晃:青山義信(検察官)
 大路恵美:本間景子(被害者)
 田中 実:辻武/鈴木益夫(被告人)
 大寶 智子:辻 伊都子(辻武の妻)
 尾美としのり:岩本隆明(ショッピングモール社長)
 北見敏之:森本泰史(法医学主任教授)
 芦川よしみ:松子(料理店女将)
 綿引勝彦:室伏直造(元刑事)

■ スタッフ

 原作:和久峻三
    (告発弁護士・猪狩文助シリーズ「時の剣」より/講談社文庫刊)
 脚本:古田 求
 監督:岡屋龍一


【みどころ】

“法廷荒らし”の異名を持つ弁護士・猪狩文助(藤田まこと)は、時効間近に逮捕された時計店店主・鈴木益夫(田中実)の弁護につく。鈴木は15年前に起きた西陣織老舗店夫人・本間景子(大路恵美)殺害の容疑者で逃走を図っていたのだ。猪狩は、新人弁護士・夏目理恵子(片瀬那奈)と共に独自に調査を進めていく。交際関係が派手だったという被害者と容疑者の関係とは?老いた偏屈弁護士が、鋭い勘と観察眼で事件の真相に迫る!




「那奈ちゃん、準主役です!」

待ちかねておりました、此のドラマ。那奈ちゃんの「二時間ドラマ」出演は、今年2月の「らんぼう2」(撮影は昨年12月)につづき二度目ですが、丁度其の間に初舞台「僕たちの好きだった革命」への出演が在りました。放送は遅くなりましたが、此の作品こそが「革命」以後、片瀬那奈が初めて挑んだドラマなのです。相手役は、必殺!「藤田まこと」さん!舞台経験を経て、最初のステージとしては申し分のないものです。

御存知の通り、那奈ちゃんは京都に常駐するのではなく、東京での仕事と掛け持ちで三往復もするハード・スケジュールで撮影に臨みました。其れは来春放送予定の「いのちのいろえんぴつ」での北海道と東京の往復でも再現されたのですが、本当に那奈ちゃんは「強いひと」です。

さて、最初の奈良駅でのシーンから那奈ちゃん、いや、夏目理恵子が登場です。此の立ち姿、歩く姿の姿勢の良さ、美しい!!司法試験を一発で合格した新人弁護士役ですから、知的で「静」の演技が求められます。私は那奈ちゃんの当たり役は圧倒的に「西豪寺エレナ様」に代表される「動」の演技だと思っています。しかし、舞台を経験して那奈ちゃんは変わった。

ま、何が嬉しいかって、那奈ちゃんが演じる「夏目理恵子」が、ずっと出ていることですよ。準主役で、主人公のパートナーですからね、もう出ずっぱりですよ。調査も担当しますから、はっきり云って那奈ちゃんの出番が壱番多いです。

那奈ちゃん祭りだ、祭りだ、祭りだ、わしょーいっ!!

好いナァ、煩いモジャ公も出て来ないし、最高のドラマじゃないですか。お召し物も場面ごとに変わるし、日本酒を一升瓶で呑む珍しい酔っぱらいシーンも観れました。猪狩弁護士を見つめて、黙って頷くトコなんか上手いナァ、と思いました。

やはり、片瀬那奈ちゃんは「絵になる」し「華」が在ります。アノ天性の容姿は大きな武器です。只、立っているだけで神々しいのです。其の彼女が、人知れず努力して女優業を全うしようとしているのですからドンドン良くなって行くしかないじゃないのよさ。以前の「静」の演技では、此の佇まいだけで魅せる迫力はなかった。「女優:片瀬那奈」は、完全に覚醒し、化けました。

「シリーズ化を、切に願います」


(姫川未亜/小島藺子)



視聴率は「10.7%」でした。


水曜ミステリー9「法廷荒らし 弁護士 猪狩文助」(リンク切れ)


posted by 栗 at 22:57| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「片瀬那奈マネ日記」#215

アラジン・セイン


サブタイトル「大事にしますm(__)m」


女子マネちゃんの御誕生日は5月16日だったと記憶しております。丁度、京都でのマーボー丼の日々の時期ですよね。其の時の成果が本日放映されるのですから、遅れたと云いつつ、

「片瀬クン、考えてらっしゃる」

其れにしてもだ、毎度のことでアレですけど、担当タレントからプレゼントをもらって自慢するマネジャーって、、、

「女子マネちゃん、ファンになってるぞ」


(小島藺子)



posted by 栗 at 12:26| pre-UNYO | 更新情報をチェックする

「朝はビタミン!」にコメント出演

てなもんや三度笠~藤田まことソング・コレクション~


テレビ東京 8:00〜11:00(9:26より放送)

「ビタミン・トピックス」のコーナーに「法廷荒らし 弁護士 猪狩文助」番宣VTRコメント出演。


予告映像を紹介し、猪狩文助、夏目理恵子、野口耕一のトリオが劇中の扮装の侭で「観てね(はーと」と云う壱分にも満たないVTRでした。

気になるのは、此のVTRを撮ったのがいつなのか?ってことです。撮影時の5月なのか?はたまた最近なのか?那奈ちゃんの雰囲気は最近っぽかったのですけど、正確なことは分りません。

但し、おそらく、藤田さんの映像と、手前の那奈ちゃんと小林さんの其れは合成だと思います。ゆえに、たぶん、那奈ちゃんのVTRは最近撮られたものではないでしょうか?


(姫川未亜)



「朝はビタミン!」


posted by 栗 at 09:37| TV | 更新情報をチェックする

「高知新聞」2007年11月21日付

Space Oddity


発行/高知新聞社


「詳細不明。情報をお待ちしております」

ところで、高知と云えば「ひさこ姉さん」ですね。HPへ行けば郷土の誇り「ひさこ姉さん」のインタビューが読めます。


「高知新聞」


(姫川未亜)



posted by 栗 at 07:07| MAGAZINE | 更新情報をチェックする

「A LONG BIRTHDAY」

Pin Ups [ENHANCED CD]


片瀬クンは多忙です。彼女は1981年11月7日に生誕されたので、毎年当日には公式BBSに怒涛の書き込みがなされて来ました。其れは今年もおんなじだったのだけれど、何故か当日には壱件のみ、そして翌々日になって数件が反映されただけでした。そして、20日になって、唐突に残りの多くの「御誕生日お祝いコメント」がアップされました。此の問題は多くの古くからの所謂「那奈ヲタ」の間で、大問題となり多くの抗議の声が「那奈ちゃんねる」に書き込まれましたし、あたくしも「ゼンキロ」で疑問を投げかけました。

今年の春から彼女のHPがリニューアルされ、其の直前までスパムメールだらけになって居たBBSも「承認制」に変わったのです。私が投稿したモノは、すべて反映されていますが、今回みたいに弐週間も経ってからと云うのは記憶に在りません。せいぜい三日後位には載せて戴いておりました。

其れが何故か肝心の「御誕生日」に、おかしな事になってしまったわけです。どんな事情が在ったのかは、全く分りませんが、私も含めて「反映」まで弐週間待っていた同志諸君は不信感を抱いたと思います。当日以後に「遅れましたけど」なんて感じで書き込まれたコメントが先にアップされていたのも、不快感を呼びました。壱年に壱度の大切な日を毎年忘れずにいて、其の日に心を込めて書いたお祝いの言葉が無視され続けたことは、厳然たる事実です。HP制作スタッフさんには、猛省して戴きたいです。

那奈ちゃんが多忙なら、チーム片瀬もおんなじです。スタッフによる御誕生日会が行われたのは18日だった様です。理名ちゃんや☆クンなどのお友達とのパーティーも、未だ開くことが出来ない状況なのでしょう。確かに、那奈ちゃんは忙しい。だからスタッフもてんてこ舞いです。けれど、其れと「BBSの件」は別問題だと思います。

文句なんか云いたくはないのです。僕らは「那奈ちゃんのファン」です。僕らが不満に思うのは、御誕生日に山の様に書き込まれたメッセージを那奈ちゃんが当日に読めなかったことなのです。「えっ、みんな忘れちゃったの?」って思ったかもしれないじゃん。那奈ちゃんに哀しい想いをさせないで下さい。何卒、お願い致します。


初出「COPY CONTROL」 (姫川未亜/小島藺子)



posted by 栗 at 00:01| MIAMIA | 更新情報をチェックする