nana.812.png

2005年02月15日

「不機嫌なジーン」第5話コンプリート & 第6話予告

フジテレビ系・月9ドラマ「不機嫌なジーン」オリジナル・サウンドトラック


「不機嫌なジーン」第5話コンプリート より抜粋引用。

 仁子の誕生日。健一は、岡元めぐみ(片瀬那奈)の店で花束を買って仁子との待ち合わせ場所へ。

 生物のケアを終えた仁子は、健一との待ち合わせ場所に戻る。が、すでに健一の姿はなかった。仁子が健一の携帯に電話すると、近くにいると言う。と、その時仁子は自分と反対側の歩道に健一を見つけた。だが、彼の隣にはめぐみがいる。仁子が見ているとは知らない健一は、男友達と一緒だとウソをつく。



以下、次回予告より引用。(今の処、那奈ちゃんの出番は無いとのこと)

 蒼井仁子(竹内結子)は、自分の誕生日に白石健一(黄川田将也)が岡元めぐみ(片瀬那奈)と歩いている姿を見てしまい落ち込んでいる。一方、南原孝史(内野聖陽)は、仁子は誕生日を健一と過ごしたのだろうと焼きもち。仁子が書きかけていた論文に文句をつけてくる。仁子と健一の交際は続いているのだが、すれ違いが多くなってきた。真岡早智子(井上訓子)から、不吉なことを言われて仁子に不安が募る。

 そんなある日のデートで、仁子は健一にめぐみと歩いていた姿を見てしまったことを告げてしまう。健一は、めぐみとは偶然会っただけだと言う。その夜、自宅マンションが空き巣に荒らされた南原は、仁子に電話して…。




(姫川未亜)



「不機嫌なジーン」公式アーカイブ


posted by 栗 at 22:22| ACTRESS | 更新情報をチェックする

「那奈ヲタよ、今こそ「贅沢」を味わえ。」

RELOADED~Perfect Visual~ [DVD]


「ラストクリスマス」「AUBE」「不機嫌なジーン」そして「離婚弁護士2」と、女優復帰後の片瀬那奈ちゃんは順風満帆です。女性誌を中心に紙媒体での露出も増えましたし、歌手活動も怒濤のベスト盤リリースが控えております。

現在の状況では、公的印象が「ただの綺麗なひと」になってしまいますね。確かに片瀬那奈ちゃんは「美しいひと」です。でも、あたくしがええ歳こいて、かつて無い「追っかけ」をやっているのは、那奈ちゃんが「おいしい」からなんですけどねぇ。

此処にカテゴリを作ったりblogをやったりしてるのは洒落半分だし、公式に突撃してたり、あっちではコテや名無しで書き込みまでしてるのも、全部「面白い」からです。でもね、「那奈ヲタ」で在ることに関しては「一点の曇りも無い」ですよ。「ヲタ」ってぇのは、自分を客観視出来ないとやっていけないモンなんじゃねぇーかなぁーと、思うんだよね。

何度でも云うけど、初めて片瀬那奈ちゃんを観た時、彼女には後光が指して居ました。其れから最早、記憶だけでは数え切れない程、彼女に逢い、面も割れて、随分とフレンドリーな応対をして戴ける様にもなりました。其れでも、お逢いする度に「ドキドキ」します。まともに会話出来ません。私は、片瀬那奈ちゃんのファンなんだなぁー、と思います。其れが、とても嬉しいんです。ずっとずっとファンでいられるのが、心地良いんです。「那奈ヲタ」と云うより「那奈ニート」なんですね。同好の方以外にとって、何の役にも立たないことをやり続けるってぇのは、あたくし的には魅力が在り過ぎます。それに、あたくしには「片瀬那奈ちゃんの魅力を広める」なんて志は、欠片も無いのです。だって、勿体無いじゃねぇーか。

「本当の那奈ちゃんは、もっともっと素敵なんだよ」って、一寸いらいらしながら、そして少しだけ優越感に浸りつつ、芸能活動を生暖かく見守るってぇのが、今の「COPY CONTROL 的な楽しみ」で御座居ます。


初出「COPY CONTROL」 (小島藺子/姫川未亜)



posted by 栗 at 22:19| ACTRESS | 更新情報をチェックする